2017年01月16日

緊急時対応の訓練

こんにちは

川久保病院の医療安全対策員会の吉田です

いつもはリハブログですが、
今日は病院のブログに掲載したいと思います

ちらほらといろいろなブログに出ようかと・・・


さて先日、医療安全対策委員会で緊急時対応の訓練を行いました

方法は、その日に訓練があることだけが伝えられていて、
どこでやるかは伝わっていない状況での訓練です

ゲリラ的ですね

急に「今から訓練をします」
って訓練が始まるのですから・・・


今回、行った部署は、検査科です

検査科でも患者さんが来るので、
緊急時対応が必要が場合が想定されます

まずは、突然訪問し、概要を説明
その後に訓練を開始しました
IMG_1802.JPG
心電図を付けてもらい

IMG_1804.JPG
人を呼んだり

IMG_1809.JPG

IMG_1810.JPG
ストレッチャーを運んだり・・・

人なので、胸骨圧迫(心臓マッサージ)をやるふりをしていました
ふりもしていいのか悪いのかという、微妙な緊張具合・・・


対応したスタッフは、
「検査は機械が多いので、大きな声を出すようにしました」
と言っていました

緊急時には、まず人を集めることが重要なので、
大変素晴らしいことですね

IMG_1812.JPG
エレベーター前まで搬送して訓練は終了しました

その後、
対応したスタッフ、医師、看護師から意見をもらい終了しました

医師からは、
「毎月やった方がいいんじゃないか」
「人より人形の方が胸骨圧迫できるからいいなぁ」
というような助言もいただきましたので、
検討していきたいと思います


緊急時対応は、
できれば「ない」方がいいことではありますが、
万が一起こった時にきちんと対応できるように、
訓練を積み重ねていきたいと思います

訓練の「量」も重要そうですね



それでは、今日はこの辺で
でわでわぁ(@^^)/~~~

岩手 川久保病院 リハビリテーション科
 理学療法士 吉田裕也

posted by カワクボタロウ at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 院内学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする